こだわりのお洒落なカフェは何故3年以内に閉店してしまうのか?飲食店の販促をアラフォーオヤジ目線で「おもしろおかしく」考えてみる(通称「オヤジ販促」)

飲食店を2店舗経営しています。POP制作などの販促やオヤジギャグと飲酒を担当しています。私が作ったPOPやオヤジギャグを参考に飲食店の販促について「おもしろおかしく」オヤジ目線で考えます。

まあ、野菜が高騰してるなあ。まあ、儲からないわよ。うんうん、だったらどうするか?必至で考えるわけです。

昨今の異常気象による農作物不作からくる供給不足。店頭価格の高騰。こればっかりは飲食店側からすれば、どうしようもない。当たり前だが、天候相手じゃあ価格コントロールなんかできないもんね。

 

飲食店を経営するうえで、不安定な仕入れ価格を容認出来る程、余裕はないはず。だとすれば、そういった天候リスクを常に抱えた「野菜」をウリにするのはデンジャー、ハイリスクだと思うのです。だったら、肉か?となりますが、肉は肉で狂牛病鳥インフルエンザなどもあるわけです。どっちもどっちかあ、うーん、難しいなあ。

 

飲食店は悩みが絶えないのです。キ―――――!

 

だからこそ、飲食店は「ドリンク」に活路を見出すべきなのですよ。

次回は当店が取り組んでいる「ドリンク」をご紹介しますね。

お楽しみに!!!!!!!